この間、スズメのヒナが落ちていて、なんだか
ボザボサしていて、
「わたし、ボロボロ・・・」
って感じだったので、保護しました。

飼おうかな、でも、家の前は公演。
元気なスズメたちがいっぱい元気に過ごしている・・・
と、悩みつつ、手の中で保温して約1時間ほど経った頃、
ちょっと元気になったし、メシでも与えてみよう!と、
急いでヒナの餌を買いに外出。
30分くらいで戻ると、
なんとまあ、ウンチを3つもして、元気に立ち上がって窓の外を見てる。

ヂュ!
って感じの鳴き声で、
外のスズメ先輩たちの鳴き声にお返事するその子。

とりあえず、メシでもいかが?
と与えてみたもの、ちょっとくちばしをパクパクして終わり。
無理やり与えるのもな~、と、やめて、
また保温していると、気持ちよさそう。
でもついに、、、
お外のスズメ先輩たちが「帰るよ~~」的な鳴きで
一斉に鳴き出し、私が温めていた子もすっかり元気になって、
「私も帰りますーー」と言わんばかりに、
ヂュ!ヂュ!ヂュ!
とアピール。

私も、お客さんが帰るというので、
今返さないと、夜になってしまってはダメかなと思い、
迷いながら、まだスズメの先輩がちらほら残っている公園へ。

意気揚々と、私のことなんかもう忘れた!ってな感じで元気よく
帰っていったヒナチュン。
なんだか寂しかったけど、あの子が揺さぶった私の心。
あの子の元気に野生へ、自分の居場所へ帰る姿が眩しかった。

動物たちも私たちと同じ世界にいるなぁ。。。
なんて元気なんだ・・・
とか、とか、とか、、、

 

しみじみ感じたつかの間の時間。
スズメの自己主張にも、従ってしまう私。
普段から、そうなのかな。って考えさせられる・・・

 

=====
noteもやってます。
イラストKIKO

https://note.com/oekakikiko